Language

業内ニュース

あなたの場所:ホームページ > ニュースセンター > 業内ニュース
観点 | 新時代におけるスマートコクピットの新チャンス
リリース時間:2018-12-17    作者:澳门威斯人8040com    ソース:澳门威斯人8040com

観点 | 新時代におけるスマートコクピットの新チャンス

原创: GIVErs 粤港澳大湾区智能汽车合作伙伴 1周前


編集者深セン市の発展と改革委員会と中国の電気自動車百人会が共同で支持し、広東港澳大湾区のスマート自動車パートナーGIVEが主催する自動車デジタル視点下の車路協同シンポジウムが11月24日に深センで成功的に開催された。GIVEは毎日会議の速記原稿を共有し、会場の素晴らしい干物を再現します。


今回は第9弾。


注:

  1. 本シリーズの速記原稿は現場の実際記録に基づいて、ゲストの真意を変えないようにする前提で、少し文字調整を行いましたが、ゲスト本人の審査を経ていません。

  2. 公式アカウントの転送は「来自GIVE粤港澳大湾区智能汽车合作伙伴」と明記してください。

  3. 今日シェアしたゲストのPPTはゲストに公開します。必要なファンがいれば、公式アカウントをフォローして、バックエンドにメッセージを残してください。「姓名+澳门威斯人7026com科技PPT」(注:セミナー参加者限定)、GIVE秘書処は3営業日以内にこのPPTのPDFバージョンを送ります。



01

ゲスト:澳门威斯人7026com科技研究開発総監の羅培彬


指導者の皆様とゲストの皆様に感謝します。今日の講演は四つの部分に分けられます。



第一に、スマートコクピットは今後、人と車の連携の新しい方式を再定義します。

車を運転した経験があるものなら皆知っています。現在のコクピットの全体の情報交換方式は比較的に破片化して、人と車の連携に比較的に大きい障害があることを招いて、同時にSDLで人の車の間接的な連携を実現させなければなりません。角度を変えて考えると、車の情報窓口の商業の格式はみんなに深刻に過小評価されています。


2017年、レクサスは新製品のリリースにおいて、中央制御大画面、液晶計器及び24インチHUD(頭上げ表示)を含めたスマートコクピットプランを定義しました。多画面インタラクティブは未来の方向を表しています。後部座席娯楽はますます多くの知能化と安全化の融合を感じさせます。




第二に、スマートコクピットは将来の自動車の第二の脳です。

スマートコクピットと自動運転は二つの重要な計算ユニットになります。全体の自動車デジタル領域の未来発展は4つの方向があって、スマートコクピットと自動運転は車内の構造で、車の外は常に言っていたV 2 X(車と道の連携)とV 2 I(車-インフラ)通信です。将来は全自動車のデジタル業界も自動運転、スマートコクピットと車・車、車・道路通信の四つの方向に向かって発展すると信じています



第三に、スマートコクピット産業の発展の必然性を感じることができます。

新エネルギー、自動運転は未来のデフォルトになるので、新エネルギーの車の電気量、航続などの肝心な情報の適時、正確な表示がますます重要になります。また、ADASの安全情報、スマートネット接続のマルチメディアのインタラクティブ情報も常態になります。

未来、科学技術感、快適感、インテリジェント化、音声化の連携、そしてオンラインメディア及びIOV情報が完備されているかはユーザーの購買意向に繋がります。


澳门威斯人7026comは長安自動車の最新世代のスマートネット連結車のコクピットデジタルの全体的な開発に参与しました。私達は自分を消費者に想像して、確かにユーザーが質的な飛躍を体験しました。もう一つの情報を共有します。上汽栄威2017モデルのRS 5はスマートネット接続のコクピットを備えています。一年間で22万台近くを販売しています。本当にみんなにRS 5が好きさせたのは、やはりスマートネットコクピット機能です。


第四に、1つのチップにのマルチスクリーンは、最終的にスマートコクピットの最終技術アーキテクチャになります。

先ほど述べたユーザー体験は、連携性、科学技術感、インテリジェント化を含み、スマートコクピットの構成部分の一部に過ぎません。1つのチップにのマルチスクリーンこそが、最終的にスマートコクピットの最終技術アーキテクチャになります

シングルチップとマルチチップを比較してください。シングルチッププロセッサーの場合、システムの複雑さはスクリーンの数とは関係がありません。マルチプロセッサの場合、スクリーンが多いほど、システム処理の複雑さが高くなります。信頼性においては、シングルチップは単一の高基準で設計され、マルチプロセッサはそれぞれのシステムによって独立して要求される。システムの総コストから、画面が多ければ、プランが多ければ多いほど、コストが高くなるので、シングルチップのプランは制御システムのコストにおいて絶対的な優位があります。安全の観点から、シングルチップのスキームの機能安全はソフトウェアによって定義されます。マルチチップ方式はデバイスの増加を招き、エラー発生の可能性が高くなります。


現在はシングルチップのスマートルームソフトウェアアーキテクチャを行っています。基盤は高性能なSOC(システムランクのチップ)プロセッサで、その上ではHypervisorのバーチャルマシンを走っています。下の方は複数のアプリケーションシーンのオペレーティングシステムを実行しています。メーター部分では、将来はHUDが中心となる可能性があります。システム全体はオペレーティングシステムに基づいて設計され、コアはメモリおよびGPU(画像プロセッサ)の共有アーキテクチャです。

シングルチップマルチスクリーンはコア技術サプライヤーで、一つは高性能プロセッサで、Qualcomm、インテル、swizaNXPを代表としています。バーチャルマシンも主に四つあります。QNX、OPESYNERY、GREENHILL、XEN。


私達は未来ますます多くの技術のユニコーンができて、業界にも立ち上がって、みんなと技術の成長の機会を分かち合う人が必要となっています。澳门威斯人7026comはスマートコクピットの分野で多彩な配置を有するシングルチップ、多チップセットの解決方案を提供しています。皆様と交流することを期待しています。




ご清聴、ありがとうございます!


中国電気自動車百人会武漢創新センター副主任、交通部公路院国家ITSセンター副主任汪林コメント:

自動運転、スマートネット接続を特徴とするデジタル経済の時代が近づいてきます。スマートコクピットは無限の想像力を発揮し、より広い技術とビジネスモデルの空間を開拓します。どのようにしてスマートコクピットの高効率、安全、信頼性と経済を保証するかは、すべての従業者に考える価値があります。